おさえておきたい相続税計算シート

相続税

・相続税のお尋ね書が届いた場合の対応
遺産相続は被相続人となる家族が亡くなったその日からスタートし、通夜や葬儀などを済ませたあとも悲しみに暮れる間もなく進めていかなければなりませんので、なかなかうまく進められないこともあります。
したがってできれば自分だけで手続きをするのではなく、誰か詳しい人に手伝ってもらいながら進めるのがベストですから、早い段階で遺産相続の準備をしておくことをおすすめします。
また、遺産相続の手続きをしたあとで「相続税に関するお尋ね」と記載されたいわゆるお尋ね書が届くことがありますが、これが届いた場合はどのような対応をするのがいいのでしょうか?
相続税はすべての法定相続人が対象になるわけではありませんが、一定の条件を満たしている場合は被相続人が亡くなってから10カ月以内に納税しなければいけませんので、自分が相続税の対象になっているかを必ずチェックしておきましょう。
話を戻してお尋ね書が届いた場合の対応ですが、これは遺産相続の対象になっている人の元に届くのですが、仕組みとしては被相続人が亡くなった後に死亡届を市町村役場へ提出し、その情報が税務署へ行って通知が来るという形になります。
ですから、お尋ね書が届いたからと言って必ず相続税がかかるというわけではありません。
お尋ね書が届いても税理士に任せている場合は税理士が対応してくれますので、特に何もする必要はありませんし、相続税がかからないことが分かっている場合はそれを証明する書類とともに回答してください。
間違って虚偽の回答をしてしまった場合は訂正が必要になりますから、早い段階で税務署へ連絡しましょう。

・相続税計算シートを活用しよう
虚偽の申告をしないために重要になるのが相続税を正しく計算することで、その際に役立つのが相続税計算シートです。
相続税計算シートにはいろいろな種類がありますが、エクセルなどを使って計算できるフリーのソフトなどもありますから、まずはそういったものを中心に使ってみるといいでしょう。
いくつか試してみて自分が一番使いやすいものをチョイスし、遺産相続に備えて使えるようにしておくと、相続税の計算をするときにも便利ですし遺産相続そのものがスムーズに進みます。
通夜や葬儀のあとに慌ただしくなるからこそ早めに済ませておき、できるだけ早く落ち着いたいつもの生活を取り戻せるようにすることが遺産相続のトラブルを回避する手段でもあります。