相続税の計算方法の考え方

相続税

相続税の申告や納税が必要となる際、計算も自分でおこなわなくてはなりません。
そもそも被相続人の遺産がどれくらいなのかは、それぞれの家庭によって違ってくるため、それに合わせて計算することが義務付けられているのです。
しかし、実際に相続税を計算して申告し、納税するとは言っても一般の方にとってはハードルが高いのではないでしょうか。

事実、ハードルは高いですし、実際に知識がない方にとっては「そんなこと言われてもできないよ」と考えてしまうかもしれません。
確かにそうです。
相続自体そもそもあまり経験することではないため、人によってはまったく知識がないということも多いでしょう。

そもそも相続の知識など、完璧という方は一般の方でもそうそういません。
しかし、相続自体は人生で1回や2回ほど経験することがあり、しっかり計算についても知っておくことが必要となります。

まず、相続税の計算の前に知っておきたいのが、被相続人の遺産です。
土地や建物、現金など何を遺したのかについて知ることが必要です。
もちろん、被相続人が亡くなった場合は、遺言書などもないかどうか確認することが必要となります。
それがないとやはり相続に関する手続きができないこともあるので、まずは遺言書を探してみましょう。
どうしても見つからない場合は、法令に準じた考え方を参考に相続税を考えていくことになります。

なお、相続税の計算において重要なのが、3,000万円分は課税されないという点です。
さらにプラスして1人当たり600万円までは課税されないという制度となっています。
つまり、3,600万円を超えない場合は、相続税の計算も必要ないということです。
ただ、実際には土地や建物があるので、超えてくることもあります。
そうなった場合は、相続税の税率を基準に計算していく方法がメジャーとなります。
ただ、計算方法はわからないことも多いですし、計算にミスがあった場合は、再度修正して申告、納税していくことが必要となります。
それはかなり面倒なのではないでしょうか。

そうなると大変なので、最初から税理士などの専門家に依頼しておいた方が良いと言えます。
専門家であれば必要な手続きは代行してくれますし、税金の計算方法についても教えてくれます。
もちろん、計算してすべて代行してもらうこともできます。
手続きや計算が面倒という方は、専門家に丸投げしてしまうというのも良いかもしれませんね。