固定資産にかかる相続税の計算

遺産には固定資産が含まれる場合も多いです。
これにかかる相続税はどのように計算すればいいのでしょうか?
知っておきたい注意点は、これらの相続税の計算の元になる評価額の計算法です。
その固定資産がいくら相当の遺産なのか、それがわからないと税金の計算はできませんが、その計算法には指定があります。
その固定資産を買った当時の値段で相続税を計算するわけではありませんから、相続時にその評価額を改めて計算する形となります。

特に知っておきたいのは、土地関係の評価額の計算法です。
固定資産といえば土地や建物などの不動産系が多いですが、どちらの評価額を計算するときも、故人の持ち物だったその土地の価値は自分で計算しないといけません。
このときには2つの計算法があるのですが、注意したいのは、故人が持っていたその土地に路線価があるかどうか。

もしこれがある場合は、この路線価を使って評価をします。
路線価とは、その土地の値段を計算できるよう、国が定めているその土地の値段のことです。
主に道路に値段がついている形になっており、その道路に面している土地は、その道路の値段が、その土地1平方メートルあたりの単価となります。
あとは故人の持ち分になっているその土地の面積をかければ、土地の評価ができるというわけです。

なお、この路線価で気をつけたいことは、これはその道路の速度制限のように、現地に直接書いてあるわけではないこと。
そのため知らない方も多いですが、この路線価のことを知っていれば、調べるのは簡単です。
インターネット上で路線価は公開されているため、検索すればすぐにわかります。

そして調べてみたところ、故人の土地の周りの路線価が見つからない場合もあります。
市街地から離れていると、路線価が見つからないこともありますから、このときは倍率方式というもう1つの方法を使ってください。
これはその土地の固定資産税評価額に、所定の倍率をかけてその土地の価値を計算する方法です。
この倍率も路線価と同じように調べられますから、同じくインターネットで調べるといいでしょう。
このように固定資産にかかる相続税は、その評価額の計算法に注意してください。