子供にかかる相続税の計算

故人の子供は最優先で相続人となれる候補者ですから、相続税を実際に計算して支払うことも多いです。
このときに知っておきたい注意点は、税額の計算時に必要となる子供の人数です。
故人の配偶者は基本的に1人だけとなりますが、子供は複数いる可能性がありますよね。
相続税を計算するとき、子供がいればその子が相続人になり、税金を計算するときは法定相続人で一度遺産を分割したものと仮定して税金を計算します。
つまり対象になる子供が何人なのか、それがはっきりしないと計算を間違う恐れもあるのです。

間違えやすいケースとして、まずは隠し子がいるケースがあります。
故人に隠し子がいた場合、その子も法定相続人の子供に含まれる場合があるのです。
ポイントは、その子が故人から認知されていたかどうか。
これがされていた場合、相続人の子供に含まれます。
もし認知されていない場合は、相続人にはなれません。
これは戸籍謄本を見ればわかりますから、これを見て、子供の人数を確定してください。

次に、故人の子供のうち、すでに亡くなっている方がいる場合。
このときはその子供は人数に含めないのが基本ですが、もしその亡くなった子供に子供がいる場合、つまり故人から見て孫にあたる人物がいる場合は、その人物が故人の子供と同じように相続権を持ちます。
このときはつまり亡くなったその故人の子供を孫が埋める形になるため、法定相続人の人数は減らないのです。
もし故人より先に亡くなった子供がおり、その子供に子供もいない場合は、生存している子供の人数だけをカウントする形になりますから、人数が減ります。
このようになっていますから、注意してください。

このように子供の人数を正確に計算できれば、あとはその子供の人数を含めて法定相続人の総数を確定し、基礎控除をまず計算します。
遺産の総額がこれを超えている場合は、その超えた分を法定相続人同士で一度分割し、それぞれで相続税を計算し、最後に合算して総額を計算してください。
あとは各子供が実際に相続する割合に応じて相続税を按分するだけとなります。
法定相続人となる子供が何人いるのか、それを調べるときに人数を間違えないように注意してください。