兄弟にかかる相続税の計算

遺産相続で相続人となりやすいのは故人の配偶者やその子供ですが、ときに故人の兄弟が相続人となることもあります。
法定相続人の候補者の中ではもっとも優先度が低いため、実際に相続人に確定することは少ないのですが、ほかに候補者がいなかったり、上位の候補者が相続を放棄したりすれば、兄弟が相続人に確定することもあります。
このときは兄弟にも相続税がかかることがありますが、それを計算するときの注意点はあるでしょうか?

このときに気をつけたいのは、まず基本の計算となる兄弟の法定相続分がかなり小さいことです。
兄弟が法定相続人に確定するのは、故人には生存している子供や孫、両親や祖父母などが誰もいないときで、このときは故人の配偶者と兄弟が相続人となります。
このときの法定相続分は、配偶者が全体の75%、兄弟が25%となります。
兄弟が複数人いる場合、全体の25%をさらにその人数で等分する形になるため、1人あたりの取り分はさらに少なくなるのです。

実際に兄弟にかかる相続税を計算するときは、この法定相続分にしたがって、課税対象の遺産金額を分割する必要がありますよね。
兄弟が何人もいる場合、このときには1人あたりの割り当て金額がかなり少額となりがちですが、割合が正しければそれで問題ないため、その金額に応じて相続税を計算してください。

兄弟にかかる相続税を計算するときの注意点として、ほかには上位の候補者に相続放棄が出た場合、実際に相続税の総額を計算するときには、兄弟への割り当てを行いません。
たとえば故人には1人子供がおり、本来ならこの子供と配偶者が法定相続人に決まるところ、この子供が放棄したために、故人の配偶者と兄弟が相続人に決まったとしましょう。
このとき相続税の総額を計算するときには、この放棄がなかったものとして、故人の子供と配偶者でその総額を計算します。
兄弟にかかる相続税は、その総額を実際に相続する遺産の割合に応じて按分したものとなります。
このようなことに注意してください。