相続税の計算・基礎控除とは

相続税の計算をするとき、基礎控除の計算は必ず必要になります。
そしてこのときの控除額の計算により、相続税がかかるかどうかも変わります。
まず知っておきたいのは、基礎控除を超えない限りは税金もかからないこと。

たとえば基礎控除が5400万円あり、遺産の総額が5000万円なら、相続税はかかりません。
しかし基礎控除が4800万円しかない場合、このときは相続税がかかるわけです。
このように基礎控除がいくらかなのかは、この税金の計算上、非常に大事です。
これを計算するときの注意点として、法定相続人の人数で金額が変わる部分があることを知っておきましょう。

この控除額は3000万円+法定相続人の人数×600万円となっています。
3000万円の部分は間違えないと思いますが、相続人の人数に応じて増減する部分は、計算を間違えないように注意してください。
これを間違えないために注意したいのは、法定相続人の人数の確定です。
人数が確定すれば簡単な掛け算ですから、間違いはそれほど起こりませんが、法定相続人の人数は間違えることがよくあるのです。

誰が法定相続人となるのかは、すでに法律で決まっています。
故人に子供がいれば、故人の配偶者とその子供が全員、法定相続人となります。
もし子供がいない場合は、故人の両親や祖父母など、故人にもっとも近い直系尊属にあたる方が、故人の配偶者とともに相続人となるのです。
今回の相続で誰が相続人となるのか、それが正式に確定しないと法定相続人の人数も確定しませんから、ここは注意して対象者を確認し、基礎控除を正確に計算してください。

なお、このときに気をつけたいのは、周囲が把握していない相続人候補者がいないかどうか。
よくあるのが、認知している故人の隠し子です。
子供は2人だけだと思っていたところ、故人には1人隠し子がいたことが発覚すると、法定相続人の人数が変わります。
そうすると基礎控除の金額も変わることになり、相続税の必要性も変わってくるわけです。
簡単な計算ですが、法定相続人の人数の確定には注意してください。